☆GO Family Camp☆ ぎんなつらんと一緒

Family camp to go in the Kangoo & Solo camp to go in the Trike……etc                                                     I am doing little by little…

Sort by Mt.Tarumaesan

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご訪問、ありがとうございます(o^-^o)ノ           
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
                                            
Category: ☆Mountaineering travelogue > Mt.Tarumaesan  

樽前山(日本200名山)へ…。-③-



前回で、西山(標高993.8m)も無事に登頂を果たし、東山へと向かう分岐点まで辿り着きました。

風不死岳へのルートと迷いながらも、最終目的地、「東山ピーク」へ向かいます。

登山開始から、樽前山神社奥宮までの記事はこちら 樽前山(日本200名山)へ…。-①-
神社奥宮から、北外輪山分岐点までの記事はこちら 樽前山(日本200名山)へ…。-②-


00_20150526150130886.jpg
左手に支笏湖と紋別岳を望みつつ…、


01_20150526150138242.jpg
右手には相変わらずの迫力の溶岩ドームを眺めながら、東山を目指します。

スポンサーサイト

ご訪問、ありがとうございます(o^-^o)ノ           
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
                                            
Category: ☆Mountaineering travelogue > Mt.Tarumaesan  

樽前山(日本200名山)へ…。-②-



分岐点(東輪山取付け)からの続きです。

登山スタートから分岐点まではコチラ 樽前山(日本200名山)へ…。-①-



00_20150526112652a32.jpg
分岐点から、鳥居が見える「樽前山神社奥宮」へ向かいます。



ご訪問、ありがとうございます(o^-^o)ノ           
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
                                            
Category: ☆Mountaineering travelogue > Mt.Tarumaesan  

樽前山(日本200名山)へ…。-①-


昨日、日曜日、今までチマチマと買い集めていた登山ギアが、やっと日の目を見る事に!

人生初登山!有言実行で、行って来ました、樽前山!!
日本200名山にも数えられる、苫小牧市と千歳市にまたがる活火山です。

樽前山とは
樽前山(たるまえさん、たるまえざん)は、北海道南西部にある支笏湖の南側、苫小牧市と千歳市にまたがる活火山。
標高は最高点の樽前ドームで1,041m、一等三角点(点名「樽前岳」)の東山で1,022m、
三等三角点(点名「樽前山」)の西山で994m。支笏洞爺国立公園に属する。
風不死岳、恵庭岳とともに支笏三山の一つに数えられる。

山名の由来
アイヌ語で「タオロマイ taor-oma-i」(川岸の高いところ・〈そこに〉ある・もの)。
一般的にアイヌは山に山そのものを指す名前を付けず「これこれという川の上流(水源)の山」という名づけ方をすることが多い。
この言葉は現在の樽前山そのものを指すのではなく、樽前山の南側を下る現在の樽前川を指した言葉である可能性が高く、
その水源として樽前山という名になったと思われる。
樽前山そのものを指したアイヌ語の名称としては「ヲフイノボリ」が1807年(文化4年)の秦檍丸による東蝦夷地屏風にあり
増補千歳市史 (1983) ではこれをオフィヌプリ ohuy-nupuri(燃える・山)と解釈している(ウフィヌプリ uhuy-nupuri の方が
同じ意味で一般的な表現)。「たるまいさん」、「たるまいざん」とも言う。

日本200名山とは
日本二百名山(にほんにひゃくめいざん)とは、深田久弥のファン組織「深田クラブ」によって、クラブ創立10周年を記念して
1984年(昭和59年)に選定された日本の代表的な200の山である。
深田久弥が選んだ日本百名山に100の山を加えたものとなっている。



朝5:00に起床して、前日用意した身の回りの装備等の再確認。
5:30に出発し、コンビニで500mlの水(ペットボトル)と、朝食のおにぎり、昼食の買い出しを済ませ、
支笏湖道(R276)へ向かいますが、途中でアクシデント…。

準備万端用意したはずが、あろうことか登山靴を玄関先に忘れる始末…。
急いで、我が家にUターンです…^^;

30分程時間をロスしてしまいましたが、まずは一安心し、再度目的地へ!

00_20150525111002e2b.jpg
新緑深くなってきた、R276支笏湖線を気持ち良くドライブ。

01_20150525111005513.jpg
助手席には、真新しい登山ギア!

否が応でも、気分が高まります♪



そして無事に、市道樽前観光道路(5合目ゲート)前に到着。

02_2015052511100886c.jpg
( ̄ー ̄?).....??アレ??
市のHPでは、前日14:00にゲート開通とあったはずなのに、閉まってます…。
7合目ヒュッテからスタート出来ると思って来たんですが、のっけから頭打ちを食らいます。
…ってか、あの情報ってなんだったんでしょう…。

考えても仕方が無いので、ゲートをくぐって、まずは7合目ヒュッテを目指しますよ。
延々続く、何の変化も無い砂利道を歩く事、約30分。

03_201505251110128aa.jpg
無事に7合目ヒュッテに到着。(この時点でかなりバテ気味…)


忘れないうちに、まずは登山者名簿にサイン。
04_201505251110098d0.jpg


05_20150525111024b49.jpg
6:53分、記帳。
これで、万が一の事が起きても、捜索してくれるでしょう(笑)
それにしても驚いたのは、かなりの数の記帳者。
アクシデントですっかりスタートが遅くなったのですが、既にかなりの数の登山者が名を連ねていました。
初登山なので、この時は東山ピークまで登り、下山する予定で、東山にマーキング(しかし、これでは済まなかったんですねぇ~(笑))

06_20150525111024acd.jpg
装備の最終確認をしながら、本州から出張で来られた方と、しばし談笑しながらここでちょっと休憩。
この日の17:00の便で本州に帰るらしく、東山コースからスタートし、風不死岳、お花畑コースを回り、午前中には下山したいとの事。
しかも昨日も旭岳を登ったらしく、連日の登山。いやぁ~、タフですねぇ~…。

5合目から歩いてきた疲れも徐々に癒えてきた事だし、
さぁ!いよいよ登りますよ!!



ATTENTION
なんせ初めての登山と言う事もあり、感動具合が半端じゃ無かったため、写真の量がいつもより多くなってます。
写真の技術も未熟なため、実際この目で見て感動した景色が伝わりにくくなっておりますが、ご勘弁ください。
また、前述のとおり画像も多い上、同じような写真が多々あるため、興味の無い方には非常に面白味の無い記事内容となっております。
興味の無い方は、この時点で退出される事を強く推奨致します。



ご訪問、ありがとうございます(o^-^o)ノ           
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
                                            
Category: ☆Mountaineering travelogue > Mt.Tarumaesan  

絶景かな~(笑)

しんどいけど、最高❗️





ご訪問、ありがとうございます(o^-^o)ノ           
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
                                            
Category: ☆Mountaineering travelogue > Mt.Tarumaesan  

初陣

いざ❗️初登山‼️







無事に帰って来れますように‥‥。


ご訪問、ありがとうございます(o^-^o)ノ           
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
                                            

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。