FC2ブログ

☆GO Family Camp☆ ぎんなつらんと一緒

Family camp to go in the Kangoo & Solo camp to go in the Trike……etc                                                     I am doing little by little…

Category: ☆Touring camp report > クッチャロ湖畔キャンプ場  

夢を叶えに、道北へ ~その7~(撤収)



左矢印 夢を叶えに、道北へ ~その6~ へ


いよいよ今回の旅も最後…。
最終日も天気が良く、晴れ晴れした気持ちで帰りたい所ですが、ちょっと名残惜しい最終日の朝を迎えます。



146.jpg





―2015/7/20(MON)6:00~―


147.jpg
朝から良い天気。
残念ながら初日の夜は雨に当たりましたが、あとはNO降雨!
これだけ晴れたキャンプもかなり久々のような気がします。


149.jpg
夜露で濡れたテントも完全乾燥!
朝食の準備を進めつつ、同時に撤収の準備。


150.jpg

151.jpg
この景色を見るのも今日で最後…。
もう1泊したい気持ちもありますが、明日から現実の世界に戻らなければいけません…。


152.jpg
そう言えば、看板前での記念撮影を撮ってませんでしたね。


153.jpg
お約束の1枚!


8:00過ぎにクッチャロ湖畔キャンプ場を後にし、帰りがてらある場所の下見に…。



154.jpg

155.jpg
立ち寄った場所は「朱鞠内湖」
―朱鞠内湖―「朱鞠内」とはアイヌ語のsuma-ri-nayシュマリナイ[石・高くある・川(河谷)](説)
朱鞠内湖(しゅまりないこ)は、北海道幌加内町、雨竜川上流に位置する人造湖である。
日本最大の湛水面積(広さ2,373ha、23.73k㎡)を持ち、総貯水容量も戦後佐久間ダムが完成するまでは日本一であった。
湛水に伴い入り組んだ複雑な湖岸や大小の島が誕生し、周囲の森林とも相俟って、さながら天然の湖の様相を見せる。
1974年に湖周辺は朱鞠内道立自然公園に指定され、カヌーやボート、釣りをする人の姿もみられる。
「幻の魚」とされるイトウがまれに釣れ、冬季間はワカサギ釣りでも賑わいを見せている。
朱鞠内は、内陸で標高も高く(湖面標高282メートル)盆地状で、緯度も高いため、北海道内でも特に寒冷な地域として有名であり、
条件が良ければ冬季にダイヤモンドダストも観測できる。


156.jpg

157.jpg
人造湖とは思えない程に豊かな景観。
ここからの眺めも素晴らしいものがあります。


目的の立ち寄り場所はココ。
158.jpg
朱鞠内湖畔キャンプ場


159.jpg
湖畔際のロケーションは抜群な感じ♪

160.jpg
駐車場通路挟んで湖畔反対側は平坦な芝サイト。
ただ、トイレや炊事場からは結構距離がありそうで、それよりも車両の出入りが気になりそう。


162.jpg
駐車場から直ぐの湖面サイトは、結構な急斜面になってますね。


161.jpg
写真奥の方に見える木立のサイトが落ち着きもあり、一番良さそうな印象です。

受付けでお願いし、サイト内を見学させて頂きましたが、やっぱり木立のサイトが一押し!
今シーズン来る時は、絶対木立のサイトのあの場所だね…と、勝手に目星を付け、10:30頃キャンプ場を後に…。


11:00に幌加内町に到着。
お目当てのお蕎麦を食べに…。


163.jpg
そば屋「八右エ門」さん。
かなりの人気店のようで、開店前からすでに行列が出来てました…。

164.jpg

165.jpg

166.jpg
店内も良い雰囲気で、注文した蕎麦への期待も高まります。


167.jpg
後輩2人は板そば。

168.jpg
僕は天ざるに小ライスを注文。
丸2日間、お米食べて無いですからね。立ち眩み予防の為にも糖分補給です(笑)

蕎麦は田舎そばを注文しましたが、程よい噛み心地と風味豊かなそばで、大変美味しかったです。


169.jpg
天ぷらもサクサクふわふわで、めっちゃ美味シ!


お腹も一杯!さぁ、あとは真っ直ぐ家に帰るだけ…。
ここからは深川留萌自動車道(無料区間)を経由し、そのまま深川ICから一気に岩見沢まで…。
さすがにトライクの排気量を考えると、後輩2人に迷惑掛けちゃうので、ここから自由解散とする事に!

無料区間に合流した途端、案の定2人は猛スピード!
負けじと付いていきますが、エンジンが悲鳴を上げそう^^;

…で、深川IC前でまさかのトラブル!!( ̄□ ̄;)!!

170.jpg
爆音マフラーに接触すれすれのブローバイホースがマフラー熱で溶けちゃって、お尻の下で火災が発生。
直ぐに止めて、事無きを得ましたが、まさかブローバイホースが逝ってしまうなんて想像するはずも無く、予備部品は無し…。
止む無く、大気解放しながら家路へ…^^;


14:00頃には我が家へ到着。
171.jpg
キャンプ道具も降ろし、無事?トライクをガレージにIN。

172.jpg
総走行距離722.0㎞と、当初の予定より100.0㎞程消化不良気味ですが、無事道北の旅も完結です(^o^)ノ



出発当日とその夜の雨には当たりましたが、残り2日は快晴!
まぁその天気のお蔭で、当初予定していた然別湖を訪れる事は出来ませんでしたが、
その変わり、宗谷観光したり現地でゆっくり出来た事で、結果、有意義なキャンプを仲間と楽しむ事が出来ました。
まぁ多少のトラプルはありましたが…^^;

思い出に残る長距離ツーリングキャンプとなった事は確か。

でも本当の夢を達成できる日はいつになる事やら…。
夢の現実の為には、大型トライクも欲しい所ですがねぇ…^^;


ではでは(^_^)/~

関連記事
ご訪問、ありがとうございます(o^-^o)ノ           
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
                                            

Newer Entryクッチャロ湖畔キャンプ場 キャンプ情報

Older Entry夢を叶えに、道北へ ~その6~

 

Comments
Edit
こんにちは^-^

良い旅になりましたね^^
帰って来て(´▽`) ホッとする気持ちよ寂しいような気持ち・・次回にワクワク感 楽しい余韻が残ってる
とってもいい時間ですよね^^

迷惑な輩も居たようですが素敵な出会いもあり
何より無事に帰ってこられて良かったですね♪
今度は身体を労りながら飲んでくださいねw

画像見てるだけでも北海道行きたくなっちゃう風景ですね^^
Edit―To のーんたーんさん―
こんにちはe-257
コメントありがとうございます(^O^)ノ

気の知れた仲間と共に、良い旅となりました。
そうですねぇ~。
達成感もありますが、本当の意味のリベンジが控えてますから、
その事を考えるだけでワクワクする時間を過ごせます。

まぁ輩はどこにでもいるので仕方が無いのでしょうね。
基本みんなのフィールドなのであまり文句を言うのも…。

ははは。ホント、そうですね。
もうガブ飲み出来る歳でも無いので、ホドホドにするように気を付けないと…^^;

中々大変ですが、来道お待ちしてますよ♪
Edit思い出に残る
旅でしたね
色々な事件もあった分、より思い出が深いでしょうね

いずれにしても、トライクと一緒に無事にご自宅まで帰還(笑)され、なによりでした

朱鞠内湖、行ってみたいキャンプ場候補のひとつでしたよ
Edit―To Kaoru&Beetさん―
おはようございますe-454
コメントありがとうございます(^O^)ノ

ソロ予定が急遽男3人衆に始まり、ルート変更、立ち眩み事件(笑)、トライク故障等々…、
色々ありましたが、その分思い出が色濃く残るキャンプ旅となりました。
仰るとおり、まずは大きな事故も無く帰って来れたことが一番ですね。

そうでしたか…。
朱鞠内湖、中々しっとりしてロケーションも良さそうなキャンプ場でした。
どこもそうですが、ここも繁忙期さえ外せば間違いなく良いキャンプ場でしょうね。
今のところ、夏休みのファミキャン第一候補です♪
Leave a comment