FC2ブログ

☆GO Family Camp☆ ぎんなつらんと一緒

Family camp to go in the Kangoo & Solo camp to go in the Trike……etc                                                     I am doing little by little…

Category: ☆Camping equipment > Solo camping equipment  

万が一!…と言う、保険の意味で…。




ソロキャンプ用にと購入した焚火台、”モノラル MT-001 ワイヤーフレーム

コンパクトに収納出来る点と、跡片付も超簡単と、その使い勝手も秀でていますが、
あちらこちらで耳にするのが、耐熱クロスの耐久性について…。

メーカーでも「推定使用時間限度は50時間」と謳うとおり、およそ1シーズンでお釈迦になる可能性が大!
その都度、買いかえれば良いのでしょうが、気になるのがそのお値段。
1枚¥3,800もするんですから、毎回買ってられません…。
それよりも、焚き火使用時に使用限界を迎えた日には、目も当てられませんからね…^^;



保険……と言う意味で、今回NEWオプション扱いとなった、焚火メッシュⅡが届きましたよ。



00_20161116144242365.jpg








―2016/11/10(THU)購入―




01_20161116144243b7a.jpg
【 MONORAL MT-0019(焚き火メッシュⅡ)】
重 量:約440g
材 質:耐食性ステンレス




ワイヤーフレーム専用の、ステンレスメッシュの火床。

先行販売されていたオプションの焚き火メッシュ(MT-0015)もありますが、
収納時の長さが455mmもある事と、専用のポリラミネート紙菅の収納ケースが必要な所がネックでした…。

焚き火メッシュⅡは、そんな焚き火メッシュのデメリットを解消した商品で、
上記写真のように、小さく折り畳んでワイヤフレーム本体の袋に一緒に収納出来るのが大きな利点!



02_20161116144244271.jpg
作りそのものも、中々耐久性がありそうです。



03_20161116144245844.jpg
目を凝らして見てみると、小さなSUSリングを無数に編み込んだ作り。
このお蔭で、SUS鋼線よりもコンパクトに折り畳めるのでしょうね。



04_20161116144247bd5.jpg
縁も、プレートで補強されているようです。





メーカーの謳い文句通り、附属のクロスより通気性が良いので、薪が勢いよく早く燃えるようなので、
耐熱クロスと使い分けるのも良さそうです。(←…って、結局耐熱クロス使うんかい!!(笑))


前述したとおり、ワイヤーフレーム&耐熱クロスを収納しても、焚き火メッシュⅡも同時に収納袋に収まるので、
しばらくは、同時持ちで焚き火を楽しもうかと思ってます。
…と言うよりも、耐熱クロスがダメになるまで、焚き火メッシュⅡの出番は無いかも…(笑)


ではでは(^_^)/~

関連記事
ご訪問、ありがとうございます(o^-^o)ノ           
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
                                            

Newer Entryレッド化、少しずつ加速してます…。

Older Entryトリミングと、嬉しいお届け物